千葉での葬儀の前の準備について

愛する家族が亡くなることはとても悲しいことです。

しかし遅かれ早かれ、死は誰もが迎えるものです。

もし家族が亡くなったら、葬儀に関するどんな準備をしなければならないのでしょうか?

[周りに告知する]

家族や親族、また友人、知人に死亡の連絡をします。

もし知らせなければならない人数が多い場合は、何人かと手分けするとスムーズに行くでしょう。

[話し合いで決定すること]

次に、身内で下記のことを決定します。

まず、納棺するまでの間、ご遺体をどこに安置するかです。

もし自宅で葬儀を行う場合は、霊柩車でご遺体を運びます。

しかし千葉県内の祭儀場、もしくは式場で行う場合は、まずその場所を決定し、そこにご遺体を運ぶことになるでしょう。

千葉県には民間の式場施設もあれば、千葉県民であれば安く使用できる公共施設もあります。

どこの祭儀場にするか迷った際は葬儀社の人等に相談してみましょう。

千葉県での葬儀なら【博全社】に相談するのがおすすめです。

次に喪主を決定します。

一般的には、喪主は配偶者、あるいは長男長女が選ばれます。

[死亡届の取得]

医師に死亡診断書を書いてもらいます。

その診断書を持って、千葉市区役所や市民センターに行き、死亡の手続きをしましょう。

手続きが終わると、死体埋葬火葬許可書が交付されます。

[事務的な手続きが多いので、仕事は分担で]

以上が、亡くなった後にする必要があることです。

どこで葬儀を行うか、場所の決定には下調べが必要で時間がかかりますので、時間の余裕があるならば前もって調べておくと良いでしょう。

いずれにしても、しなければならない手続きが多いので、出来るだけ親族で仕事を分担して行うと、ストレスを軽減することが出来ます。