千葉の葬儀におけるお通夜について

ここでは葬儀の際のお通夜の流れについてご紹介します。

[流れ]

お通夜は、一般的には午後6時から始めます。

参列者に席に座っていただき、導師が入場します。

そして読経がなされます。

導師が亡くなった人の供養のためにお経を読み上げます。

お経を読む理由として、回向(えこう)、つまり経を唱えることで得た徳を、故人に与え、それが故人の浄土につながるという考えがあります。

それから導師が焼香をします。

次に遺族や親族が焼香をします。

それから、一般の参列者の方々に焼香をしてもらいます。

焼香は、仏前でまず頭を下げ、抹香(まっこう)をつまみます。

宗派によっては、つまんだ抹香を額に押し付けたりします。

その際の回数も宗派により違いがあり、3回の場合もあれば、2回の場合もあります。

故人は何の宗派なのか、千葉でどこのお寺を檀家にしているのか、あらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

焼香の際は、故人の冥福を祈る気持ちで行います。

最後に導師が退場し、通夜の振る舞いが行われます。

通夜の振る舞いとは、お通夜に来てくださったお客様にお酒や食事をふるまうことです。

お酒によって、清めを行うという意味もあります。

昔は精進料理が振る舞われていましたが、今では昔からの風習が残っている千葉の地域でもお寿司やオードブルなどが出されることがあります。

[通夜後]

通夜の際に頂いた香典を、受付担当から受け取り、諸経費を清算します。

香典の他にも弔電や弔辞を頂きますから、それも預かります。

お通夜が終わりましたら、火葬になります。

自宅で通夜をした場合は、霊柩車で斎場へ移動することになります。

一般的には、次の日に火葬することが多いでしょう。

葬儀の際のお通夜の流れは以上です。

千葉には葬儀の際昔からの風習やしきたりを行う地域もあるので、その事も頭に入れておきましょう。