千葉の葬儀における告別式について

仏式ではお通夜と呼ばれますが、キリスト教など別の宗教の方が行う場合は、葬儀の告別式と呼ばれます。

告別式と通夜の流れはほとんど同じですが、一部行う儀式に違いがあります。

千葉でこういったお葬式を行う、または参列する際は覚えておきましょう。

[一般的な流れ]

参列者に着席してもらい、司会者が入場します。

キリスト教の場合は、牧師が入場し、開会式の辞があります。

そしてその宗派の習慣に習い、読経が行われたり、聖書からの慰めのある話が行われます。

そして焼香をしたり、ご遺体に花束を捧げたりします。

それから、電報を読み、そして喪主のあいさつがあり、最後に閉式の辞があります。

[告別式が終わったら]

告別式が終わったら、最後ご遺体にさらにお花を飾ったり、また故人が愛用していた品物を一緒に納めます。

このとき、火葬に差し障る金属類のものなどは一緒に入れられませんので、式場の係の方に前もって確認しておきましょう。

[火葬について]

火葬場に着きましたなら、受付窓口で申請の手続きをします。

死体埋葬火葬許可書をそこで提出します。

そして告別室で最後のお別れをして、火葬に入ります。

一般的には2時間くらいで終了します。

それから収骨があります。

収骨とは、遺骨を骨壺に入れる作業です。

家族や近しい人たちで収骨を行います。

そして自宅に骨壺を持ち帰って葬儀は終了となります。

以上が告別式と火葬の簡単な流れになりますが、宗派によって細かい方法は違いがありますので、確認しましょう。

そしてどの宗派でも受け入れてもらえる祭儀場を千葉県内で探しておくようにしましょう。